≪ 前の記事

1月の花

 

今年から毎月「花と暮らし」として
私なりの花の表現をしていきたいと思います。

今月の花は「ヘデラベリー」
アイビーの実が付いたものです。アイビーは愛称で、ヘデラが正式名称。

空まで届きそうな勢いで、大きな木を覆っているヘデラベリーを
見ることがあります。
お散歩途中立ち止まり、黒色のその実を眺めながら、吐く息の白さを
毎年感じます。

片づけをしていたら。。。
漆のお椀が出てきました。母のものです。 
何かのお祝いに使おうと思っていたようです。
一つ一つ丁寧にお手入れしました。
ヘデラベリーが高く実る頃、この漆の器と再会出来たことが嬉しく、
黒と黒をあわせてみました。  kumin




Comment (2) | ▲TOP

1月の花 

 
編み物や洋裁を愛する母の元で育った私は、幼い頃から糸や布が大好き!!
特に毛糸の色のグラデーションに魅力を感じました。
絡まった糸を解く作業も大好きで、そんな糸遊びの中で、色と色の組み合わせ
の楽しさを自然に感じたのだと思います。

クヌギで染めたグレーの糸と茜で染めて頂いたパープルの糸。
この糸たちとの組み合わせに、シルバーがかった蕾をもつミツマタと、
パープルがかったラケナリアを選んでみました。
ガラスはキャンドルフォルダーですが、花を生けての楽しみも味わっています。


ラケナリアは球根植物です。
ミツマタは、必ず三つに分岐されています。  kumin

Comment (0) | ▲TOP